浜田港振興会PORT OF HAMADA

お知らせ

前へ 1 | 2
2014年9月1日(月)
【終了しました】国際貿易セミナーin広島~ロシア貿易・浜田港からの挑戦~の開催について
ヴァスクレセンスキー門
ヴァスクレセンスキー門
モスクワ国際ビジネスセンター キャピタルシティ
モスクワ国際ビジネスセンター キャピタルシティ
人口減少、少子高齢化等により、国内市場の縮小が見込まれる現在。
「将来的に成長が期待される海外市場を販路のひとつとして確立」
「原料・部材の新たな調達先を海外に」…といった海外戦略の構築は、地方の製造業者・食品関連事業者等にとっても、ますます重要となっております。
こうした中、ロシア貿易に15年以上関わり、島根県浜田市に拠点を持つ地方中小商社が、官民一体となって、国内の商材の発掘や、ロシアでの販路開拓活動を進めております。浜田港から最短で36時間でつながるウラジオストクなど極東ロシアで足場を固めながら、さらには、シベリア鉄道でモスクワ方面まで商流を構築しつつある取り組み事例をはじめ、ロシア市場の動向とビジネスチャンスの可能性を模索して頂く機会を提供いたします。
この機会に、ぜひ御参加ください。
※入場は無料です。
日時:平成26年10月3日(金)14:00~16:40(受付は13:30から) 
場所:メルパルク広島(広島市中区基町6-36)
内容:「ロシア貿易の現状・成果と今後の取り組み」
講師:(株)エル・アイ・ビー 代表取締役 高橋 克弘 氏
「WTO加盟後のロシア経済情勢と日系企業動向」
講師:JETRO海外調査部 課長代理 浅元 薫哉 氏
【申込み・お問い合わせ】
浜田港振興会 秀浦、吉村 Tel 0855-24-7733 Fax 0855-27-4411
ひろしま産業振興機構 国際ビジネス支援センター 黒永
Tel 082-248-1400 Fax 082-242-8628
(申込は、添付の申込書をFax送信いただくか、または浜田港振興会ホームページお問い合わせ画面からお願いします)
国際貿易セミナーチラシ・申込書 (pdf 789KB)
2014年8月6日(水)
【申込受付終了しました】豪華客船「にっぽん丸」で行く日本海体験クルーズ
にっぽん丸(商船三井客船(株)提供)
にっぽん丸(商船三井客船(株)提供)
※多数の方の申込をいただき受付を終了しました。ありがとうございました。

23,000トンの豪華客船「にっぽん丸」が日本一周の旅の途中で浜田港に寄港します。日本一周しているお客様が浜田周辺の観光に出ている間、日帰りでの日本海体験クルーズに出掛けてみませんか?

○旅行日:平成26年9月27日(土)
○日 程: 9:30浜田駅集合、受付後乗船
     10:30出航
     12:00~13:00昼食
     15:00~15:40マジックショー
     18:00下関港着、下船後観光バスで浜田駅へ
     22:00頃浜田駅着
     ※諸事情により時間等は多少変更になる場合があります。
        また、乗船前の浜田駅~浜田港間移動での途中乗車や、下船後の下関港~浜田駅間での途中下車はできません。

○駐車場については、浜田駅近隣に以下の駐車場がございますが、駐車できる台数には限りがあります。
当日は混雑が予想されるので、できるだけ公共交通機関や乗り合わせなどでお越しください。
☆浜田市駅前駐車場 30台
http://www.its-mo.com/c/%E6%B5%9C%E7%94%B0%E5%B8%82%E9%A7%85%E5%89%8D%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4/PPK_ZPOI,00000000000000645916/ 
☆浜田市道分山駐車場 200台
http://www.its-mo.com/c/%E6%B5%9C%E7%94%B0%E5%B8%82%E9%81%93%E5%88%86%E5%B1%B1%E7%AB%8B%E4%BD%93%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4/PPK_ZPOI%2C00000000000000646075/
☆わんわんパーキング 53台
http://www6.ocn.ne.jp/~h.dell/oneone1.html
…1時間毎100円、24時間最大800円
☆昭和通駐車場(大阪王将横)…朝8:00~夕8:00の間30分毎100円、夕8:00~朝8:00の間60分毎100円

○旅行代金:12,000円(一人あたりの金額・消費税込み)
※船代・イベント代・食事代(昼夕食2食付き)・送迎バス代・旅行保険代(1,000万円保障)を含む。
○船内の服装について:お気軽な服装でご参加ください(ただし、スリッパ・サンダル履きはご遠慮ください)。
○中学生以下の方の参加はご遠慮いただいております。
○申し込み方法:株式会社仙台トラベルまで下記事項をハガキまたはFAXによりお知らせください。折り返し代金納入のご案内があります。
 ・代表者氏名(ふりがな)及び年齢
 ・代表者住所
 ・電話番号
 ・同行者氏名(ふりがな)及び年齢
○旅行企画・実施:株式会社仙台トラベル
 申し込み及び旅行内容の問い合わせ先
  〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央3-9-7
         電話022-374-7431(代表)
         またはフリーダイヤル0120-02-5015
         FAX022-374-7430
○問い合わせ先:浜田港振興会
        〒697-0062 浜田市熱田町2135-2
         電話0855-24-7733・FAX0855-27-4411

    
2014年6月24日(火)
海上自衛隊護衛艦「まつゆき」が入港しました。
まつゆき全景
まつゆき全景
まつゆき歓迎式典
まつゆき歓迎式典
まつゆき一般公開
まつゆき一般公開
6月20日(金)に海上自衛隊護衛艦「まつゆき」が浜田港に入港し、6月21日(土)~22(日)の2日間、一般公開が行われました。

浜田港への入港は平成22年に続き4年ぶりとなります。一般公開には3,150人の方が訪れました。
2013年12月25日(水)
【終了しました】浜田港ロシア貿易セミナーのご案内


 浜田港ロシア貿易拡大プロジェクトでは、浜田港と航路で繋がるロシアの最新の市場解説や販路開拓の事例等を紹介し、石見地域の皆様にロシアへの関心を深めていただくとともに、地元の新たなロシア向け輸出商材の再発掘を目的としたセミナ-を開催します。
 ロシアに興味のある方、海外に新たなチャレンジをご検討されている方など、どなたでも参加OKです。この機会に是非ご参加ください。

浜田会場:平成26年2月19日(水)13:30~
     いわみ-る301研修室(浜田市野原町1826番地1)

益田会場:平成26年2月20日(木)13:30~
     益田市立市民学習センタ-研修室202(益田市元町11番26号) 


チラシの参加申込書により2/17(月)までにFAXにてお申し込みください
セミナ-チラシ(申込書) (pdf 217KB)
2013年9月18日(水)
南極観測船「しらせ」が入港しました。
南極観測船(砕氷艦)「しらせ」
南極観測船(砕氷艦)「しらせ」
 
 9/13(金)、海上自衛隊の南極観測船(砕氷艦)「しらせ」〔12,650トン〕が福井埠頭に入港しました。
  
 浜田港への「しらせ」の寄港は2001年、2007年に続き6年ぶり3回目、2009年から就役している2代目の「しらせ」としては初の寄港となりました。

 寄港中には歓迎式典をはじめ、市内小中学生への特別公開、また、9/14(土),15(日)の両日には広く一般の方々への公開なども行われ、福井埠頭には9/16(月)の出港までの間に8,700人が訪れました。

 
2013年7月11日(木)
クル-ズ客船「にっぽん丸」が入港
見送りの様子
見送りの様子
 7月10日(水)クルーズ客船「にっぽん丸」(総トン数:22,472トン 全長:166.6メートル)が浜田港福井ふ頭3号岸壁に入港しました。

 今回で3回目となる寄港を歓迎するセレモニーが開催され、「にっぽん丸」からは久葉誠司船長をはじめ3名が出席、みなと保育園の園児37名のマーチングバンドでお出迎えしました。

 また、寄港中は岸壁において特産品の販売や、浜田商業高校郷土芸能部による石見神楽の上演など歓迎行事が行われました。

 「にっぽん丸」は同日の午後5時に横浜港に向け出港し、60名の市民が岸壁から出港を見送りました。

にっぽん丸寄港スナップ (pdf 287KB)
2013年5月14日(火)
クル-ズ客船「ふじ丸」の入港について


 5月13日(月)の朝、クル-ズ客船「ふじ丸」(23,235トン)が浜田港に入港しました。「ふじ丸」の入港は2年ぶり、5回目となります。
 バスでの観光ツア-出発のため下船される乗客の皆様を、はまだ観光大使や石見神楽の恵比寿様らがお出迎え。地元産のミネラルウォ-タ-などを手渡して浜田をPR。また、当日は6月で引退となる「ふじ丸」の姿をひと目見たいと、地元市民も見学に訪れていました。
 浜田港では7月10日に「にっぽん丸」の寄港も予定されています。

当日の様子は下記スナップでもご覧いただけます。


ふじ丸入港スナップ (pdf 106KB)
2012年11月22日(木)
国際RO/RO船航路(浜田港-ウラジオストク港)の定期配船について
合意書署名式(H24.11.19 島根県庁)
合意書署名式(H24.11.19 島根県庁)
 平成20年7月に就航し、現在不定期(月1~2便)で運航しているロシア・ウラジオストク港との国際RO/RO船航路が、本年12月から月2便の定期配船(定期航路化)となります。
 定期配船にあたり、11月19日(月)に島根県庁において、島根県知事、浜田市長立ち会いのもと、株式会社エル・アイ・ビー(浜田市)と運航船社フェスコ社(ロシア)との間で合意書の署名が行われました。
 この度の定期配船は、国際RO/RO船航路としては西日本(近畿地方以西)で唯一の定期航路になります。
 今後は、浜田港-ウラジオストク港間の輸出入スケジュールが立てやすくなり、より利用しやすい航路として、更なる貿易振興が期待されます。
RORO船最新スケジュ-ルについてはこちら
2011年10月31日(月)
クル-ズ客船の入港について
飛鳥Ⅱ
飛鳥Ⅱ
ぱしふぃっくびいなす
ぱしふぃっくびいなす
《10月21日(金)》
 朝8:00、クル-ズ客船「飛鳥Ⅱ」(50,142トン)が入港。
 市内みなと保育園児さんのマ-チング演奏によるオ-プニングのあと、歓迎セレモニ-では、観光大使はまだの2人から「飛鳥Ⅱ」船長らに花束の贈呈が行われました。
 歓迎後は多くのお客様が石見銀山や津和野など、しまねの魅力に触れるオプショナルツアーに出発されました。
 また、この日は、船社である郵船クル-ズ㈱様のご厚意により、一般の方を対象とした船内見学ツア-が行われ、事前の申込により100名が優雅な船内を見学、岸壁では地元特産品の販売などが行われました。
 同日19:00、「飛鳥Ⅱ」は次の寄港地である韓国(釜山)に向け、浜田港を出港しました。



《10月27日(木)》
 17:00、日本クル-ズ客船㈱様所有のクル-ズ客船「ぱしふぃっくびいなす」(26,594トン)が入港。
 今回は、㈱農協観光様のチャ-タ-企画による、屋久島・五島列島クル-ズの乗船港としての入港となります。
 歓迎セレモニ-のあと、岸壁でのアトラクションとして、岡崎神楽社中による郷土芸能の石見神楽が上演されました。
18:00、お客様ご乗船ののち、「ぱしふぃっくびいなす」は、クル-ズ最初の寄港地である福江港に向け、浜田港を出港しました。


飛鳥Ⅱ当日スナップ (pdf 241KB)
びいなす当日スナップ (pdf 885KB)
前へ 1 | 2
ページのトップ